友人とお子様と♪
一緒にドライブを楽しもう!

2019/04/05

車内はシンプルイズベスト。何も置かない主義!という方も中にはいますが、誰かと一緒にドライブに出かけるなら、あれこれ楽しむグッズや便利なアイテムは用意してあったほうが、ドライブ時間は断然、楽しめます。カーグッズってある意味、おもてなしのグッズです。とくに小さいお子様と一緒にドライブに出かけるなら、何かと便利なカー用品。何が必要なのか困ったときは直接、カー用品店に行くことをおすすめします。ネットで検索するよりも、直接、専門スタッフに聞いたほうが、自分では気が付かなかった情報も得られるのでお得です。

自分の家から行きやすい、または通勤帰りに立ち寄りやすい行きつけのジェームスをつくっておくと、クルマ生活はより豊かになること請け合いです。

後部座席に座る方へのおもてなしアイテム

日よけアイテムは重宝します。とくに小さいお子様を乗せる方は用意しておいたほうが安心です。

ドライブが好きな私は運転席に座ることが多いのですが、時に自分のクルマの運転席を誰かに預けて、助手席だけでなく後部座席にも座ってみます。いつもと違う席に座ると自分のクルマでも新鮮。
それに実際に座ってみると、助手席に必要なもの、後部座席にあったらよいものが見えてきます。

チャイルドシートを使う時期は後部座席がお子様の指定席(助手席に装着しているケースもありますが、万が一、エアバッグが開いたときは危険なので後部座席がベターです)。
後部座席に座ることを考えると、日差しが直接当たらないように日よけを用意しておくと安心です。またお子様が移動時間を楽しめるようにリアモニターを用意しておくと飽きずに座っていられるので安心というママの声も多くあります。

助手席に座る方へのおもてなしアイテム

写真はルームシューズ。助手席に座る方なら靴を脱いでルームシューズに履き替えるのもあり。

もしクルマに飲み物を置く場所がなかったらドリンクホルダーは用意しておいたほうが便利。輸入車だと500mℓのペットボトルを置くことが出来なかったり、収まりが悪い場合があるので、適したドリンクホルダーを用意しましょう。そのほかスマートフォンの充電ができるように車内用充電器やインバーターなども用意しておきたいアイテム。

そのほかロングドライブに出かけるなら腰まわりをサポートするクッションもおすすめ。
腰とシートの間に隙間があると腰への負担がかかりやすいので、腰とシートの間を埋めるクッションなどのアイテムはロングドライブを快適に導くサポートグッズ。そしておもてなしにもなるグッズです。

移動時間はドライブの醍醐味。そしてどの席に座っても快適に楽しく過ごせるようにサポートしてくれるのがカーグッズの醍醐味です。

文・鈴木珠美

カーライフアドバイザー&ヨガ講師。出版社を経て車、健康な体と心を作るための企画編集執筆、ワークショップ、イベントなどを行っている。女性のための車生活マガジン「beecar(ビーカー)」運営。