成功するドライブデート術

2019/04/12

「若者のクルマ離れ」という意見が以前からありますが、クルマに乗らなくなったということではなく、クルマにかける愛情が少なくなったというのが正解かもしれません。

クルマに対する愛情やクルマが好きという方は、少なくなったかもしれませんが、いまだドライブは、女性に人気のデートプラン。長年女性ドライバー向けのWebサイトを運営していますがクルマが好きかどうかは関係なく、女性はドライブ好きな方がとても多くいます。

ドライブデートはクルマで迎えに行くことから始まります。移動時間はプライベートが守られ、強い風の日も雨の日もクルマと共に出かけるデートなら憂うつな気分も大きく減らすことができるはず。スマートに助手席に乗せた彼女をエスコートできれば、株が上がることも間違いなし。デートには上手にクルマを活用したいものです。

こんなドライブデートは嫌

以前、女性ドライバー50人に「残念だったドライブデートは?」と質問したところ、挙がってきた答えの中に、クルマのトラブルがありました。
「ドライブデート中にタイヤがパンク。交換することもできなくて立往生した」
「バッテリー上がりでクルマがストップ。何度も停まったので困った」

少数意見では「エンジンルームから煙が上がった。その場でレッカー。デートどころでは無かった」、「エンジンが掛からなくなった。そのあと、電車で帰りました」

せっかくの楽しいドライブデートもクルマのトラブルが発生しては台無しです。タイヤのパンクは釘などを踏んでパンクするケースもあるので、避けられないケースもあるかもしれませんが、事前に応急処置用のグッズを用意しておけばスマートに対処できた可能性もあります。バッテリーなどは事前にチェックしておけば回避できた可能性は大。

車検を通したばかりだから大丈夫!と安心せずに、とくに初めて行く相手とのドライブデートでは、事前にマイカーの健康診断はしておいたほうが安心です。クルマのトラブルは、致し方ないケースもありますが、クルマ=ドライバー自身と関連づけて見られるので、クルマのトラブルは、ドライバー自身の準備不足という烙印をおされかねません。

備えあれば憂いなし、ドライブデート前にセーフティチェック

そこでおすすめしたいのが、ジェームスのピットメニュー、セーフティチェック。ジェームスでは、9項目チェックするセーフティチェック9、17項目チェックするセーフティチェック17が用意されています。安全面でも日々のクルマの点検は施したほうがよいですが、大切な誰かを乗せて出かけるドライブデート前は、愛車点検をするのによいタイミングです。ドライブデートを成功させるコツは、とにもかくにもまずは、クルマの健康管理!備えあれば憂いなし。心置きなく、ドライブデートを楽しみましょう。

文・鈴木珠美

カーライフアドバイザー&ヨガ講師。出版社を経て車、健康な体と心を作るための企画編集執筆、ワークショップ、イベントなどを行っている。女性のための車生活マガジン「beecar(ビーカー)」運営。