クルマの楽しみ方みつかる週刊カーライフ

新しい発見がきっとあるカーライフにまつわるコラム集。
毎週更新中!

カテゴリー

シリーズ一覧

  • あれコレ気になる
    カーグッズ
  • カー用品選び方
    指南
  • 365日、
    ドライブ日和
  • カー用品店の楽しみ方、
    付き合い方
  • シリーズ以外の
    コラム
週刊カーライフTOPへ

執筆者一覧

  • カーグッズ
    マガジン編集長
    倉嶋 源
  • レーシング
    ドライバー
    新田 守男
  • カーライフ
    アドバイザー
    鈴木 珠美
  • 様々な分野で
    活躍する
    達人たち
週刊カーライフTOPへ
シリーズ選択
執筆者選択

カーライフジャーナリストまるも亜希子さんに聞く!
「カー用品店の楽しみ方、付き合い方」
カー用品店は生活の楽しいヒントをくれる場所

まるも亜希子2019/06/14

クルマ生活を楽しんでいるさまざまな“達人”に、カー用品店との思い出や、普段どのようにカー用品を楽しみ、付き合っているのかを綴っていただくリレーコラム。第一回目はカーライフジャーナリストのまるも亜希子さんにご登場していただきました!


カー用品店は私にとって、いつ訪れても生活の楽しいヒントをくれる場所

私の愛車は、2010年4月に納車されてから、ずっと大切に乗っている愛車CR-Z。2+2クーペのハイブリッドスポーツカーで、狭いけど後席があるところがお気に入り。今では娘も喜んで乗ってくれます。

「明日は久しぶりのお休みだから、カー用品店へ行こう!」という女性は、残念ながらまだあまりいないと思うのですが。私はわりと早い段階で、大学生の頃に「実はカー用品店ってとっても面白いところなんだぁ」と知ることができてラッキーだったと思っています。当時は貧乏学生で、愛車もオンボロのVWビートルだったので、しょっちゅう「スイッチが取れちゃったから新しいの探さなきゃ」だの、「塗装がハゲてきたからタッチペンで塗らなきゃ」だの、今じゃ考えられないトラブルが次々とやってきて、そのたびにカー用品店に駆け込んでいたんです。メンテナンス費用の節約のために、見よう見まねでオイル交換まで自分でやっていましたから、工具やオイル廃棄用の箱など、店員さんに教えてもらいながら揃えていったものでした。

そして、古いクルマにはドリンクホルダーさえなかったので、いろんなタイプのドリンクホルダーがズラリ並んだディスプレイの前で、あーでもないこーでもないと悩んだり。洗車グッズもシャンプーやワックス、ガラスの曇り取りなど選び放題で、いろんなものを取っ替え引っ替え試してみたり。そうやって足繁く通っていたのは、大切な愛車を自分の手できれいに保ちたい、ドライブする時間をもっと楽しいものにしたい、という私の中の気持ちにまるごと応えてくれる場所が、カー用品店だったということだと思っています。

現在は一児のママとなり、ミニバンを運転することが多い日々ですが、独身最後に買った愛車のホンダ・CR-Zも走行距離13万kmオーバーでまだまだ現役。ひとりでゆっくり乗れる機会は減ってしまったけど、その時間だけは、妻であることも母であることも忘れて素の自分に戻れる、大切なリフレッシュタイムです。そしてやっぱり、そんな時にはブラリとカー用品店をのぞきに行きますね。

最近ハマっているのは、カーグッズを自宅でも使ってみること。それはひょんなきっかけだったのですが、カー用品店で手に入れたガラスの油膜落とし剤を、「もしかして」と思ってお風呂の鏡に使ってみたら、これが大正解!いつもすぐに水垢で曇ってしまう鏡が、ピカピカに長持ちするんです。それ以来、いろんなカー用品を物色しては、自宅やお出かけ先でも使えるものはないかな?とアイデアを巡らせるのが楽しくて。女性を意識してくれているオシャレなグッズも増えたので、見ているだけでもウキウキしますね。

また、子どもとお出かけする時には荷物がとっても多いので、ラゲッジをどうやって使いやすく、整理整頓できるようにするか、というのが今の悩みのタネ。子どもはどんどん成長して、それに伴って持ち運ぶ荷物も変わっていきます。少し前までは大きなベビーカーがラゲッジを占領していたり、旅行の時には大量のオムツや着替えを積んでいたけど、今は自転車や遊び道具の方が増えてきたり。ライフスタイルが変わると、クルマの使い方も変わりますよね。そんな時に、クルマごと買い換えるのは難しいけど、カー用品店に行けば、なにかいいヒントやグッズがあって、ぴったりの使い方に近づけることができます。

だからカー用品店は私にとって、いつ訪れても生活の楽しいヒントをくれる場所。「今日はどんな面白いモノと出逢えるかな?」とドキドキしながら、ブラリと行けば何かしら収穫があるという、とっても頼もしい場所でもあります。女性の皆さんにも、もっともっとカー用品店を頼ってみて欲しいなと思います。

仕事で遠方へ出かけることも多いので、ラゲッジの収納バッグには、いざという時のためにガラスの解氷スプレーや軍手、タイヤ空気圧チェックのグッズなどを入れて走っています。

まるも亜希子/カーライフ・ジャーナリスト

20年以上に及ぶ国内外での取材経験を生かし、雑誌・ウェブサイト・ラジオ・トークショーなどに出演・寄稿する他、安全&エコドライブのインストラクターも務める。日本カー・オブ・ザ・イヤー(2006年~)選考委員。現在は一児のママとして育児メディアでもカーライフ情報を発信中。