クルマの楽しみ方みつかる週刊カーライフ

新しい発見がきっとあるカーライフにまつわるコラム集。
毎週更新中!

カテゴリー

シリーズ一覧

  • あれコレ気になる
    カーグッズ
  • カー用品選び方
    指南
  • 365日、
    ドライブ日和
  • カー用品店の楽しみ方、
    付き合い方
  • シリーズ以外の
    コラム
週刊カーライフTOPへ

執筆者一覧

  • カーグッズ
    マガジン編集長
    倉嶋 源
  • レーシング
    ドライバー
    新田 守男
  • カーライフ
    アドバイザー
    鈴木 珠美
  • 様々な分野で
    活躍する
    達人たち
週刊カーライフTOPへ
シリーズ選択
執筆者選択

カーライフアドバイザーの「365日、ドライブ日和」マイカーのエンジンオイル交換へ行ってきました

鈴木 珠美2019/06/21

女性のための車生活サイト「beecar(ビーカー)」の編集長がつづる、車生活コラム。マイカーとのお出かけ、ペーパードライバー時代の思い出から女性ドライバーの悩み、ドライブデートのハウツーまでさまざまな視点でお届けします。


医者の不養生とはまさにこのこと!

「これまで何度も何度もエンジンオイルの交換目安はいつ?という記事を書いてきました。エンジンオイルの交換時期の目安は、6カ月または5,000km走行毎が基本。オイルフィルターはエンジンオイル交換2回につき1回。このことはもう、公式のように覚えています。なのに、医者の不養生とのはまさにこのこと。仕事柄、他の車に乗る機会も多いので前回のエンジンオイル交換から走った距離は約3,500㎞だけど、エンジンオイルの交換目安となる半年はとうに過ぎ去り、1年オーバーになっていました。
恐る恐る、エンジンルームを開けて、エンジンオイルのレベルゲージを引き抜き、ペーパータオルにオイルをたらして確認すると、真っ黒なオイルがペーパータオルに広がりました。分かってはいたけれど、まさかここまで真っ黒とは……。マイカー好きの風上にも置けない。どれだけマイカーの心臓部に負担をかけ、パワーダウンさせていることやら……。

駆け込んだ先はジェームス唐木田店

日々の忙しさを言い訳に、なかなかマイカーへの愛情を注ぐ時間が作れなかったわけなのですが、先月、仕事で出かけた帰り道。スマートフォンで検索すると家路につく間にジェームス唐木田店を発見!仕事が早く終わったこともあり、さっそく駆け込みました。

ずらりと綺麗に並んだエンジンオイルの棚は見ましたが、プロに聞いたほうが安心!そして早い!!さっそくレジカウンターに行っておすすめのエンジンオイルを伺って、エンジンオイル交換作業を依頼しました。もちろん、スマートフォンにダウンロード済みのジェームスアプリにある、会員証を提示。提示すればエンジンオイルの交換工賃は無料特典が受けられます(店内商品の缶オイルを購入した場合)。それに買い物100円ごとに2ポイントがつき、次回の買い物から1ポイント=1円で使うことができます。行った日は平日だったのでポイントは2倍♪

少し、ピット作業を見させていただいたのですが、本当に真っ黒に汚れたオイルと、フィルターと対面してきました……。

一人よがりの妄想と自己反省ですが、車生活アドバイザーとして車関連の記事制作を生業にしているのに、自分のマイカーにひどい仕打ちをしていることがおおっぴらにバレてしまい、ちょっと恥ずかしかったです。

エンジンオイルは100%化学合成油、5W-30をチョイス。もちろん、オイルフィルターも交換。

ちなみに私のマイカーは、シトロエンDS3レーシングというクルマで、シトロエン・レーシングが手掛けたモデル。1.6ℓターボエンジン、157psのDS3スポーツシックをベースに、最高出力は207psまでアップ。そのほかも車高が15mm低くかったり、トレッドは30mm拡大、大径化したフロントブレーキディスクに4ピストンのキャリパー、タイヤは17から18インチになっていたりとあれこれ改造されたクルマになっています。

世界限定3,000台のクルマで、日本に正規で入ってきたのは35台。発売当時は即、売れ切れで完全に乗ることを諦めていた車です。でも1年半前に中古車屋さんで、イギリスから並行輸入されたDS3レーシングを見つけて手に入れたクルマ。納車時のときめきを思い出して、これからはもっと愛情を注ごう!と、エンジンオイルを交換した日は、改めてマイカーへの愛情宣言をした日となりました。猛省!

ドライブに出かけた先:ジェームス唐木田店

文・鈴木珠美

カーライフアドバイザー&ヨガ講師。OPTION、オートスポーツ編集部を経て、女性誌、ブライダル誌、動物雑誌など、様々なメディアで、車、レース、ドライブ、健康な体と心を作るための企画編集執筆、ワークショップなど開催。女性のための車生活マガジンbeecar(ビーカー)運営。