カーライフアドバイザーの「365日、ドライブ日和」愛しのアクセサリーソケットのカー用品

2019/08/09

女性のための車生活サイト「beecar(ビーカー)」の編集長がつづる、車生活コラム。マイカーとのお出かけ、ペーパードライバー時代の思い出から女性ドライバーの悩み、ドライブデートのハウツーまでさまざまな視点からお届けします。


自分の中の第一次カー用品ブームを振り返る

初めてのマイカーは母の車。最初は遠慮がちに借りて乗っていたのですが、カップホルダーを皮切りに、芳香剤、ゴミ箱、ティッシュケース、サンバイザーにとりつけるカード入れなど、カー用品を車内にセットしていくと、自分の車という感じがしてきて愛着もわいていきました。

そうなってくると「とにかく何かを車に取り付けたい!」という気持ちが高まり、マイカーに装着できるアイテムを夢中になって探し始めました。当時、いったい何にとりつかれていたのか今改めて振り返ると、よくその感情がわからないのですが、自分のカーライフの歴史の中では第一次カー用品ブームの到来です。

一通り、車に置くだけのカー用品が揃うと、次にロックオンしたアイテムはシガーソケットから電気を供給して使うカー用品。昔はシガーソケットが一般的で、車から電気を供給し発熱させてシガーライターとして使われていましたが、近ごろは車内も禁煙が増えたことからシガーソケットは影を潜め、現在はアクセサリーソケットが主流となっているのでアクセサリーソケットと言ったほうがわかりやすいと思います。いずれも車内から電気を供給する役目は同じです。

実用性はもちろん、遊び心をくすぐられるカー用品

初めて購入したアクセサリーソケット使うカー用品はプチドレスアップ系のライトでした。ソケットを差し込むとキャラクターの頭がブルーに光るというライト。車内のワンポイントにかわいいと思ったのですが、走行中に使用していると夜間はブルーに顔が照らされるので周囲から見ると少し気味が悪かったかもしれません。続けて携帯電話の充電器、ソケット増設、扇風機などを購入しました。

自分の中の第一次カー用品ブームが落ち着き始めた頃……私の中で衝撃だったカー用品が「保冷保温ボックス」の登場です。ソケットから電気をとることで、飲み物を冷やすことができ、切り替えスイッチひとつで、温めることもできるボックス。いわば車に置ける冷蔵庫のような存在。この保冷保温ボックスを見たときは、本当に車はもうひとつの自分の部屋なんだなーとしみじみ実感したことを覚えています。

第二次、第三次……カー用品ブームの話はまたいつか書かせていただくとして、いや、もはや今現在が、何次ブームになっているのかカーライフ歴が長くなり過ぎて自分でも区切りがわからなくなっていますが、ユニークなカー用品が登場すると、今でもすぐに試したくなるのは変わっていません。

ワクヨさん、タケルくんというかわいいネーミングがついたカー用品が登場した時ももちろん、試しました。いまや車中泊を楽しんでいる方にとって旅のお供にもなっている人気カー用品。ロングドライブで出かけた先で風景のよい場所と出会ったら、ワクヨさんでお湯をわかして、お外でマイカーとカフェタイムをする……なんてなかなかしゃれている演出だと思いませんか?

車内でお湯がわかせる「ワクヨさん」。最大400m?の水を約30分で沸騰させることができます。保温機能もついているので、設定した温度で保温することも可能です。

車内でごはんが炊ける、タケルくん。無洗米と水を入れてスイッチを押せば約30分でほかほかごはんと出会えます。
最大で1.5合炊けるので、旅先で見つけたごはんのお供をおかずに、2人でいただくのも楽しいですね。

カー用品に実用性を求めるのはもちろんなのですが、カー用品には楽しい遊び心をくすぐり、ドライブを楽しませてくれるアイテムとしての役割もあるのかなと思います。自分にとって楽しい旅のお供になるカー用品をぜひ探してみてくださいね。

文・鈴木 珠美(すずき たまみ)

カーライフアドバイザー&ヨガ講師。OPTION、オートスポーツ編集部を経て、女性誌、ブライダル誌、動物雑誌など、様々なメディアで、車、レース、ドライブ、健康な体と心を作るための企画編集執筆、ワークショップなど開催。女性のための車生活マガジン「beecar(ビーカー)」運営。

関連製品

JPN
直流湯沸器 ワクヨさん
シガーソケットから電源が取れる電気ポットです。最大400mlの水をおよそ30分程度で沸騰させる事ができ、さらに保温機能も付いています。
6,350円
JPN
直流炊飯器 タケルくん
シガーソケットから電源が取れる炊飯器です。最大1.5合まで炊飯できます。無洗米と水を入れてスイッチを押し、約30分後に炊きあがります。
5,480円