クルマの楽しみ方みつかる週刊カーライフ

新しい発見がきっとあるカーライフにまつわるコラム集。
毎週更新中!

カテゴリー

シリーズ一覧

  • あれコレ気になる
    カーグッズ
  • カー用品選び方
    指南
  • 365日、
    ドライブ日和
  • カー用品店の楽しみ方、
    付き合い方
  • シリーズ以外の
    コラム
週刊カーライフTOPへ

執筆者一覧

  • カーグッズ
    マガジン編集長
    倉嶋 源
  • レーシング
    ドライバー
    新田 守男
  • カーライフ
    アドバイザー
    鈴木 珠美
  • 様々な分野で
    活躍する
    達人たち
週刊カーライフTOPへ
シリーズ選択
執筆者選択

レーシングドライバー新田守男さんに聞く!「カー用品の選び方指南」タイヤ選びのポイントは「普段、どんなシチュエーションで運転するか?」です

新田 守男2019/09/13

黒くて丸い物体、タイヤ。どれも同じように見えるけど、何が違うの?どうやって選んだらいい? そこでレーシングドライバー新田守男さんに「カー用品の選び方」を教わるシリーズ、第3回目のテーマは「タイヤのキャラクター」についてです。タイヤ選びに生かしましょう!


タイヤにはそれぞれキャラクターがあります

――カー用品店に行くとタイヤがずらっと並んでいますが、素人目にはどれも同じように見えてしまいます。これがタイヤ選びに迷う点。タイヤにはどんな違いがあるのでしょうか?――

確かに見た目は同じようですが、タイヤにはさまざまなキャラクターがあります。たとえば特化した部分を取り上げると、低燃費にこだわったタイヤ、耐久性を重視したタイヤ、直進安定性が良いタイヤ、雨の日の濡れた路面に強いタイヤ、振動やノイズが小さく、快適な乗り心地を目指したタイヤなどです。レースの世界でもタイヤの特性の違いはさまざま。選んだタイヤの特性にあわせてミリ単位でセッティングを詰めていくので、タイヤのキャラクターはとても重要なんですね。

タイヤのキャラクターに大きく影響する要素の1つが「転がり抵抗」。タイヤが回転して前に進むのを弱める力のことで、タイヤと路面との摩擦や、車体の重みでタイヤがたわんだりするのがそれに当たります。ここでは分かりやすいように、極端な例で話しますが、転がり抵抗が低いタイヤは、余計なエネルギーを使わないで走行できるので燃費が良く、加速力もあって速く走ることができる傾向。反対に転がり抵抗が高いタイヤは、エネルギーロスが多いので、転がり抵抗が低いタイヤよりも燃費は悪くなるけど、その一方でグリップ力(路面をつかむ力)は高く、ブレーキ性能が良くなるという特性も。

つまり、そのタイヤが目指す方向性、コンセプトによって、タイヤをどのような味付けするのかというサジ加減ひとつで、タイヤのキャラクターは変わってくるわけです。

自分がよく運転する道路の状況をショップに伝えて、もっともっとタイヤ選びを積極的に楽しもう!

――タイヤひとつ、ひとつにキャラクターがある。そう伺うとタイヤ選びも楽しみが深まりますね。となると、その中から自分の車に見合う性格のタイヤをどうやって選んだらいいのか、また迷ってしまいます……。――

タイヤを選ぶときのポイントは、自分が普段、どんなシチュエーションで運転するかということ。たとえば、週末はスキー場によく行く、仕事で長距離運転することが多い、高速道路を走る機会が多い、アウトドアが好きで山道や未舗装の道を走ることもあるとか――。

そんな風に自分がどんなシチュエーションで運転をするのか、とりわけ「運転する道路の状況」を、タイヤショップのスタッフの方に伝えると良いと思います。たとえば長距離ドライブが多いなら快適性能や燃費性能の良いタイヤ、アウトドアが好きならオフロード走行も対応できるタイヤというように、おすすめのタイヤを教えてくれるはず。

「わからないから、とりあえず安いタイヤにしよう」というよりも、自分のカーライフにフィットするタイヤを見つけたほうが、ドライブはもっと楽しく快適になります。まずは自分の車生活を伝えるところからはじめてみてくださいね。

新田 守男(にった もりお)/レーシングドライバー

1986年に富士フレッシュマンでレースデビュー。それ以降、‘90年全日本ツーリングカー選手権でチャンピオン、’94年より全日本GT選手権(現SUPER GT)で活躍を続け、’96、’99、’02年全日本GT選手権でクラスチャンピオンを獲得。2019年はK-tunes RC F GT3で参戦中。今期は開幕戦岡山、第3戦鈴鹿で優勝し、GT300通算最多優勝記録を22勝に更新。名実ともに記録を築いてきた「ミスターGT300」。