クルマの楽しみ方みつかる週刊カーライフ

新しい発見がきっとあるカーライフにまつわるコラム集。
毎週更新中!

カテゴリー

シリーズ一覧

  • あれコレ気になる
    カーグッズ
  • カー用品選び方
    指南
  • 365日、
    ドライブ日和
  • カー用品店の楽しみ方、
    付き合い方
  • シリーズ以外の
    コラム
週刊カーライフTOPへ

執筆者一覧

  • カーグッズ
    マガジン編集長
    倉嶋 源
  • レーシング
    ドライバー
    新田 守男
  • カーライフ
    アドバイザー
    鈴木 珠美
  • 様々な分野で
    活躍する
    達人たち
週刊カーライフTOPへ
シリーズ選択
執筆者選択

【愛犬とドライブ秋編】愛犬と車で出かけよう!
買ってよかった便利アイテムと車内収納

土屋 みき子2020/09/25

過ごしやすくなるこれからの季節は、愛犬とのドライブも楽しみのひとつ。今回は持参すると便利なアイテムと収納方法をご紹介。準備万端で出かけよう!


意外に忘れがちだけどいざというときにお役立ち

みなさん、愛犬は保険に加入してますか?うちは3歳の頃からアニコムさんに加入し、現在心臓病で通院しているため、私は日頃から保険証を携帯している。今元気なみなさんの愛犬も、外出先での状況変化や不慮の事故などで、動物病院のお世話になる可能性がないとは言えない。もし受診した病院が加入している保険と提携していない場合でも、ほとんどの場合後から保険金を請求できる(加入保険会社によって異なる)ので、念のため保険証を持参されることをおすすめしたい。もちろん、保険の加入にかかわらず、出先周辺の動物病院の場所は事前に確認しておきたいことのひとつ。
そしてもう1点。宿泊やドッグラン利用の場合は、鑑札や狂犬病、その他予防接種の証明書などが必要となる。最近では専用の収納ケースなども販売されているので、持ち出しやすいようにまとめておくととても便利。

一緒に収納しておけば、いざという時便利

シートの保護と汚れ防止対策を!

前回車酔いで足元を汚してしまった経験を書いたが、実はシートも汚れたことが。またドッグランによっては、枯れた芝が足毛にからんだり、土ぼこりが酷く、身体中真っ黒になることもある。もちろんある程度汚れは落とせても、そのあとの‶スリスリ″行動でシートは瞬く間に薄汚れてしまうのだ。そこで、車内でのケア用に用意したいのがシートの上からかぶせるだけのカバー。私は防水素材のタイプを利用している。これなら‶スリスリ″や‶ホリホリ″されても安心というもの。
使用頻度の低いものは愛犬であるノア専用バスケットに収納し、ちょこちょこ使うものはシートの背面に取り付ける、ポケット収納ケースに常備してある。出し入れもラクだし、1か所にまとめて収納できるのが便利。ちなみに私は、助手席側のポケットはゲスト用に空けている。

シートをすっぽり覆うタイプで抜け毛対策も万全。掃除もラクだ

背面に取り付けるタイプの収納ポケットは出し入れもラク

愛犬とのドライブの必需品、水飲みボトル

さて、便利グッズの中でも最近の私の一押しは、犬仲間に薦められて購入した水飲みボトル。以前はペットボトルに水を入れて、折り畳み式の水飲みボウルで水を与えていたのだが、飲みこぼしでシートは濡れるし、残した水を捨てるためにわざわざ停車したりと、実はちょっと面倒だった。そこで登場のPETKITのウォーターボトル。内部にココナッツ活性炭フィルターが付いていて、飲み残しの水はきれいにろ過されてボトルに戻せる仕組み。水漏れもしないので、車内でも安心して水を与えられるのだ。

飲み残しはフィルターで浄化してから戻す仕組み

とはいえ、ドライブのために一気にグッズを揃えるのはなかなか難しいので、まずは普段のケアで使用しているものを持参しよう。そして訪れる場所や季節によって、その都度必須アイテムを投入すれば、無理なく充実化を図れるはず。そして愛犬OKの施設やドッグフレンドリーな施設など、事前にしっかりとドライブスポットをリサーチしておくことも愛犬と快適なドライブを楽しむコツだ。

文・土屋みき子

おもに雑誌や書籍を中心に、エディター&ライターとして活動。ファッション、インテリア、犬とのライフスタイル提案を得意とする。趣味はたまのサーフィンとドライブ。アウトドアはシニアでデビュー!