クルマの楽しみ方みつかる週刊カーライフ

新しい発見がきっとあるカーライフにまつわるコラム集。
毎週更新中!

カテゴリー

シリーズ一覧

  • あれコレ気になる
    カーグッズ
  • カー用品選び方
    指南
  • 365日、
    ドライブ日和
  • カー用品店の楽しみ方、
    付き合い方
  • シリーズ以外の
    コラム
週刊カーライフTOPへ

執筆者一覧

  • カーグッズ
    マガジン編集長
    倉嶋 源
  • レーシング
    ドライバー
    新田 守男
  • カーライフ
    アドバイザー
    鈴木 珠美
  • 様々な分野で
    活躍する
    達人たち
週刊カーライフTOPへ
シリーズ選択
執筆者選択

カーライフアドバイザーの「365日、ドライブ日和」新年早々、車好き女子との会話に襟を正す

鈴木 珠美2021/01/15

たくさんのカー用品との出会いと別れを繰り返す中で、自分の定番アイテムが出てきますよね。みなさんもこれは外せない!という自分にとってのお気に入りのアイテムがあるのではないでしょうか。今回は車好きの女性とカー用品の話しをしていたときに、私自身が驚いたエピソードをお届けします。


私の中では定番のアイテムが知られてなかった事実

※写真はイメージです

最初のマイカーは母のおさがり。正確にいえば、母が乗らない時期があったので、少しずつ自分の車に(勝手に)してしまった・・・というのが正しい説明です。そして記念すべき初のドライブスポットがなんと、カー用品店(笑)。当時は車の知識もほとんどなく、FF車? エンジンって違いがあるの?というような状態でしたが、それでもカー用品店に行ったときは心が弾みました。以前のコラムでも紹介しましたが、真っ先に購入したのがドリンクホルダーと芳香剤です。

車生活のスタートとともに、車の専門誌の編集部員になったこともあり、少しずつ車の専門的な知識が増えていき、数年後にはサスペンションまで交換するようになって、へたれながらライセンスを取得してレース参戦するまでになるのですが、そんな話はさておき。

雑貨系のものからはじまったカー用品との出会いも、次第に消耗品、便利なケミカル用品に興味が湧き、電装系、給電など、さまざまなカー用品を試してきました。その中で自分のお気に入りを見つけていくことも喜びのひとつ。昔のカー用品店は男性ばかりの印象で品ぞろえも硬派(女性から見ると車に詳しい方向け)なラインナップで戸惑ったのですが、現在は、雑貨屋さん感覚で品選びができるので女性にも幅広く、カー用品は浸透していると思っていました。

ところがつい先日、スポーツカーに乗っている車が大好きな女性とカー用品の話になったときに、私の中では、鉄板であり定番のカー用品の存在が知られていなかった事実が判明。勝手ながら車好きであれば誰もが知っているだろう定番アイテムだったので、正直、とても驚いてしまいました。

時短アイテムは女性の心に寄り添うアイテムです

※写真はイメージです

 彼女は洗車も車内のお掃除も好きという人で、車ももちろん大好き。洗車道具を見ると、カーシャンプー、スポンジ、タオル、ワックスといった定番のアイテムはそろっていたのですが、たとえば、フロントガラスにスプレーをかけるだけで、撥水コーティングができるお助けアイテムや、車専用のくもり止めスプレーの存在は知りませんでした。

たまたま彼女だけかな?と思い、その後、10人くらいのマイカーが好きな女性オーナーに「愛用している、または使ったことがある(聞いたことがあるも含む)、愛車のお手入れ&メンテナンス系のカー用品はありますか?」という質問を投げたところ、ほとんどの方が洗車グッズ関連の名前をあげただけで、車内のお手入れグッズの存在は知らなかったり、ガラスコーティング剤などのカー用品にいたっては、自らは使ったことがない方ばかりでした。これにもまた驚きました。

そもそも、男性向けのメディアでは繰り返し、いろんな場所で紹介されていますが、女性向けのメディアではカー用品が紹介されているのを見る機会は少なく、女性ユーザーが知るきっかけになる場所が圧倒的に少ないんですよね。

今回、女性同士のトークで話題になった、ソフト99のダブルジェットガラコ耐久強化。雨の日はワイパーを作動させて約3秒窓ガラスにスプレーするだけでコーティングできる時短アイテム

今回、初めてくもり止めスプレーの存在を知った彼女も、10人近く話しを聞いた女性のみなさんも「そんなに便利なカー用品があるんですか?」「使ってみたい!」という返答。

―――そうなんです。時短商品や、簡単に施行できるアイテムは、女性の心に寄り添うお助けアイテム。ちらっと見ただけでは、自分とは関連性がないアイテムだと素通りしてしまうのですが、少しでも心に染み込む情報が届けば、欲しいに変わる・・・(だって、本当に便利なんですもの)。

「定番商品だから知っているよね?」と思っていた考えを改めて、微力ながらこれからも新しい気持ちで、まだ使ったことがない方々へ素敵なカー用品の情報が届くように発信し続けていきたいなと、新年早々、襟を正すことになりました。

文・鈴木珠美

カーライフアドバイザー&ゆるトレ講師。自動車専門誌の出版社を経て女性誌、ブライダル誌、動物雑誌など、様々なメディアで、車と女性、犬とドライブ、小休止時のストレッチなどあらゆる角度から車生活系の企画編集執筆、ワークショップなど開催。女性のための車生活マガジンbeecar(ビーカー)運営。

  1. HOME
  2. 教えてジェームス
  3. 週刊カーライフ
  4. 新年早々、車好き女子との会話に襟を正す