クルマの楽しみ方みつかる週刊カーライフ

新しい発見がきっとあるカーライフにまつわるコラム集。
毎週更新中!

カテゴリー

シリーズ一覧

  • あれコレ気になる
    カーグッズ
  • カー用品選び方
    指南
  • 365日、
    ドライブ日和
  • カー用品店の楽しみ方、
    付き合い方
  • シリーズ以外の
    コラム
週刊カーライフTOPへ

執筆者一覧

  • カーグッズ
    マガジン編集長
    倉嶋 源
  • レーシング
    ドライバー
    新田 守男
  • カーライフ
    アドバイザー
    鈴木 珠美
  • 様々な分野で
    活躍する
    達人たち
週刊カーライフTOPへ
シリーズ選択
執筆者選択

カーライフアドバイザーの「365日、ドライブ日和」人生で1度もウインドウォッシャー液の補充をしたことがない友人と。

鈴木 珠美2021/02/12

ウインドウォッシャー液を人生で1度も入れたことがないという友人。「簡単にできるなら自分でやってみたい!」となり、女ふたり、ボンネットを開けて、ウォッシャータンクの簡易洗浄から補充までトライしました。


え?補充って簡単にできるの?

長年、スポーツカータイプの車を運転していて、車関連のお仕事もしたことがある友人から衝撃の言葉を耳にしました。

「ウォッシャー液? 自分で補充したことはないよ。」
「え??? 1度も!?」
「自分で補充するものなの? 簡単にできるの?」

まだ免許証を取り立ての方や自分名義のマイカーを持っていない方ならともかく、マイカーを所有して長い方なのでこの事実が判明したときは2度聞きしてしまいました。ウインドウォッシャー液が切れたときはどうしていたのかと尋ねると、ガソリンスタンドで補充してもらったり、知らぬまに旦那様が補充してくれていたらしい(優しい旦那様です)。

確かに、ときおり「マイカーのボンネットを開けたことがない」という話も耳にします。そんな自分でボンネットを開けたことがない人にとっては、①ボンネットを開け、②ウォッシャータンクを見つけて、③ウインドウォッシャー液を補充するという過程は、ハードルが高い作業になるのかもしれません。

自分でできることが増えると車への愛も増える

※写真はイメージです

でもその友人が「私も自分でできるようになりたい! 教えてほしい」となり、友人の車で、友人による、初めてのウインドウォッシャー液の補充にトライすることになりました。

まず、ボンネットのオープンレバーを引いてボンネットを開けて、タンクを確認。あとはキャップを開けて、目盛りの上限までウインドウォッシャー液を注ぐだけ。最後に動作確認をすればOK! という段取りなのですが、友人の車に入っていたウインドウォッシャー液がどんなタイプを入れていたのかわからなかったことと、残り少なかったこと、友人がイチからちゃんとやってみたい!という挑戦心があったため、ウォッシャータンクを一度、簡易洗浄することにしました。

ビギナーの方向けに簡易洗浄する場合について補足説明をすると、撥水効果が得られるタイプと油膜取り効果を発揮するウインドウォッシャー液は、混ぜてしまうと、噴射ノズルやポンプ詰まりの原因にもなるので、撥水から油膜、油膜から撥水タイプへ換えるときは、1度、タンク内を空にすることがお約束です(ちなみにウインドウォッシャー液のタイプは、ノーマル、撥水、油膜取り、解氷タイプなどがあります。何を選んだらいいかわからないときは、お店で聞くのが1番です!)。

簡易洗浄の仕方は、まず①タンク内にある古いウォッシャー液を抜く作業から。以前ネットで購入した新品の灯油ポンプがあったので、ポンプで古い液体を抜き、②タンク内にコップ一杯分の水を入れ、ワイパーレバーを引いてタンク内の水を噴射。③コップ一杯分の水を出したら、ノーマルタイプのウインドウォッシャー液を補充。④最後はワイパーの動作確認。

「なんだかすごく、自分のレベルが上がった気がする!(笑)」
と、友人は喜んでいました。にこにこしている友人の表情を見て、無理のない範囲で、自分の手でマイカーのメンテナンスをすることは良いことだなと改めて思いました。マイカーへの愛情もきっと、高まりますよね。

文・鈴木珠美

カーライフアドバイザー&ゆるトレ講師。自動車専門誌の出版社を経て女性誌、ブライダル誌、動物雑誌など、様々なメディアで、車と女性、犬とドライブ、小休止時のストレッチなどあらゆる角度から車生活系の企画編集執筆、ワークショップなど開催。女性のための車生活マガジンbeecar(ビーカー)運営。

  1. HOME
  2. 教えてジェームス
  3. 週刊カーライフ
  4. 人生で1度もウインドウォッシャー液の補充をしたことがない友人と。