マイページへ

キレイ
100%!
輝きを取りもどす 洗車特集

キーヴィジュアル

突然ですが!!
最近洗車しても
前ほどピカピカにならないな

って思っていませんか?

梅雨の時期から夏の暑い時期にはどうしても洗車が疎かになりがち。
細かい部分に汚れがこびりつき、それが落としきれていないのが原因かもしれません。

秋は洗車にピッタリの季節!
気持ちのいい気温、花粉や黄砂も春ほどではないので最適です。
この機会に一味違うこだわりの手洗い洗車で愛車をリフレッシュさせましょう。

今回は、汚れの落ちにくい場所の洗車術と
仕上がりをワンランクアップさせる道具をご紹介します。

洗車術

チェック!

洗車の工程の中でも1番最初の水洗いはとても重要。
大きなゴミや砂などを水で流しておかないと洗車キズの原因にもなります。
奥まっている場所と細かい隙間までしっかり流しましょう。

そんな時は!ケルヒャー
高圧洗浄機 K2

高圧洗浄機ならホースの水圧ではなかなか流しきれないゴミや砂も強力な水圧でしっかり落とします。

高圧洗浄機 K2
洗車スタート
車全体の水洗い

車全体の水洗い

砂などの汚れはスポンジで擦ると洗車キズの原因にもなるので高圧洗浄機の水圧で流してしまうのがおすすめです。

車全体の水洗い

車全体の水洗い

ホースの水ではなかなか汚れを流し切ることができない奥まった部分の汚れやフロントのグリルやバンパーなども、高圧洗浄機を使えば強力な水圧でしっかりと洗浄することができます。広範囲の洗浄には付属のノズル「バリオスプレーランス」を使うのがおすすめです。

車全体の水洗い

車全体の水洗い

タイヤハウスなどのガンコな汚れには付属の「サイクロンジェットノズル」を使うのがおすすめ。
高圧の水を回転させながら噴射し広角ノズルの約80%増の威力があります。

車全体の水洗い

車全体の水洗い

水洗いだけでもここまで汚れを落とすことができます。
2つのノズルを使い分ければどんな汚れも効果的に落とすことができます。

スタッフ塚田さん
チェック!

ボディの隙間などに入り込んだ汚れを落とすのは大変。
例えばドアハンドルは手で触れる機会が多く汚れやすい場所ですが、
四角いスポンジではなかなか届きません。

そんな時は!ハンディ・クラウン
やわかるバーブラシ ルーフ用
CW-002

やわかるハンディブラシなら毛先が隙間にしっかり入り込んでスミズミまで汚れを落とすことができます。

B&Yやわかるハンディブラシ CW-02
洗車スタート
ボディの隙間の汚れ落とし

ボディの隙間の汚れ落とし

ボディの中でも手で触れる機会が多いドアハンドルは汚れがち。スポンジでも奥まで洗いにくい場所です。

ボディの隙間の汚れ落とし

ボディの隙間の汚れ落とし

シャンプーを泡立てたら、洗車用ブラシで気になる箇所をしっかりと洗いましょう。
毛先が隙間にしっかりと入り込んで汚れを落とすことができます。

ボディの隙間の汚れ落とし

ボディの隙間の汚れ落とし

しっかり汚れを落とした後はすすぎ残しがないようにたっぷりの水で流します。
シャンプーが残っていると汚れが付きやすくなり、せっかくきれいに洗車してもすぐに台無しになってしまうこともありますので、気を付けてください。

ボディの隙間の汚れ落とし

ボディの隙間の汚れ落とし

今まで洗い残しがあった場所も洗車グッズを変えるだけで、かんたんに汚れを落とすことができます。
ボディに優しい柔らかい毛足で洗車傷をつけにくいため、隙間以外にもボディ全体に使うのもおすすめです。

スタッフ塚田さん
チェック!

雨が続いた後などに黒い線のように付いてしまう水アカ。
普通にシャンプーで洗うだけではなかなか落ちない上に
白いボディの車だとかなり目立ってしまいます。

そんな時は!リンレイ
水アカ
スポットクリーナー

水アカ専用クリーナーなら、配合されている分解成分で簡単に水アカを落としてキレイにすることができます。

リンレイ 水アカスポットクリーナー
洗車スタート
ボディの水アカ落とし

ボディの水アカ落とし

雨が続いた後などに黒い線のように残る水アカ。
実は、一度付いてしまうとシャンプーで洗うだけではなかなか落とすことはできません。
そんな時は水アカ専用クリーナーを使いましょう。

ボディの水アカ落とし

ボディの水アカ落とし

水アカ専用クリーナーを、用意したタオルやクロスなどに吹きつけます。
この時、ボディに直接スプレーしてはいけません。

ボディの水アカ落とし

ボディの水アカ落とし

先ほどのタオルやクロスなどで擦り、汚れを落としていきます。
クリーナーの効果でボディのコーティング等も落としてしまうので水アカが付いていない場所にはなるべく付かないようにしましょう。

ボディの水アカ落とし

ボディの水アカ落とし

しっかり汚れを落とした後はすすぎ残しがないようにたっぷりの水で流します。
クリーナーが残っているとシミの原因になることもあるためご注意ください。

ボディの水アカ落とし

ボディの水アカ落とし

ひと手間かけるだけでシャンプーだけでは落とせなかった水アカがここまでキレイになります。
水アカが再びつきにくくするために、また付いても落としやすいようにボディコーティングをしておくのもおすすめです。

スタッフ塚田さん
チェック!

シャンプーでボディをキレイに洗ったはずなのに、ザラザラするのは鉄粉が原因かもしれません。
鉄粉は水切れが悪くなったり汚れがひっかかりやすく、目には見えない厄介な汚れです。

そんな時は!CARALL
頑固な汚れの強力
ねんどクリーナー

粘土クリーナーなら目に見えない鉄粉もしっかり吸着するので新車のようなツルツルボディにすることができます。

CARALL 頑固な汚れの強力ねんどクリーナー
洗車スタート
ボディの目に見えない鉄粉の除去

ボディの目に見えない鉄粉の除去

鉄粉はボディの塗装面に刺さるように付着しているため普通に洗車するだけではなかなか落ちません。
これによってボディが錆びる事は有りませんが水切れが悪くなったり汚れが引っかかり残りやすくなります。

ボディの目に見えない鉄粉の除去

ボディの目に見えない鉄粉の除去

まず粘土を手でこねて柔らかくして使いやすいサイズまで伸ばして広げます。

ボディの目に見えない鉄粉の除去

ボディの目に見えない鉄粉の除去

水をかけて滑りを良くしながら粘土を軽くボディにすべらせるようにこすります。
力を込めてこする必要はありませんので女性の方でもかんたんに作業できます。

ボディの目に見えない鉄粉の除去

ボディの目に見えない鉄粉の除去

表面が汚れてきたら、汚れた部分を内側に丸め込んで、きれいな面を使用してください。

ボディの目に見えない鉄粉の除去

ボディの目に見えない鉄粉の除去

一見キレイに見えたボディにも細かい鉄粉が付着していたため粘土には汚れがしっかり付いています。
ノーコンパウンドなのでコーティング施工車にも使用でき、ワックス・コーティング剤の下地作りにも最適です。

スタッフ塚田さん
チェック!

洗っても気づくとすぐにブレーキダストなどで汚れてしまっているホイール。
ブレーキの熱で汚れが固着している場合も多く、汚れを落とすのも一苦労です。

そんな時は!SONAX
ホイール
コーティング

コーティング効果によって汚れはもちろん水滴すら寄せ付けず、ホイールをキレイに保ちます。

SONAX ホイールコーティング
洗車スタート
ホイールの汚れを防ぐ

ホイールの汚れを防ぐ

ホイールの汚れはブレーキダストが原因の場合が多く、せっかく洗っても気付くとすぐ汚れてしまっていることも。
また、ブレーキの熱で固着した汚れはかんたんには落ちません。

ホイールの汚れを防ぐ

ホイールの汚れを防ぐ

まずホイールの汚れを丁寧に落としましょう。 ホイールのデザインによっては大きなブラシなどでは洗い残しが多くなる場合もあります。
細かい部分にも入るホイール専用のブラシがあればスポークの隙間やエアバルブのまわりなどのブラシで洗いにくい場所もきれいにすることができます。

ホイールの汚れを防ぐ

ホイールの汚れを防ぐ

しっかり汚れを落とした後はすすぎ残しがないようにたっぷりの水で流します。
シャンプーやクリーナーが残っているとシミの原因になることもあるためご注意ください。

ホイールの汚れを防ぐ

ホイールの汚れを防ぐ

ホイールがきれいになったら一度タオルなどで拭き上げ乾燥させます。
その後コーティング用のスプレーをホイール全体にスプレーしていきます。
垂れないように注意しながら作業してください。

ホイールの汚れを防ぐ

ホイールの汚れを防ぐ

ボディコーティングと異なり見た目には少しわかりにくいですが、水分や汚れをしっかり弾くようになり、ブレーキダストが付着しにくくなっています。

スタッフ塚田さん
チェック!

こまめに洗車していても劣化してくすんでしまう樹脂パーツ。
主に紫外線などによって樹脂が劣化しているため、一生懸命磨いてもきれいにすることはできません。

そんな時は!カーメイト
黒樹脂復活剤

新車のような黒く艶のある樹脂に復活させ、さらに劣化からパーツを守ることもできます。

カーメイト 黒樹脂復活剤
洗車スタート
樹脂パーツのくすみ取り

樹脂パーツのくすみ取り

未塗装の樹脂部分はこまめに洗車していても年月が経つと白っぽくなってきてしまいます。
これは汚れではなく樹脂そのものが劣化しているため普通に洗車をしても元通りにはなりません。
原因は主に日光に含まれる紫外線の影響によって樹脂(プラスチック)が劣化するためです。

樹脂パーツのくすみ取り

樹脂パーツのくすみ取り

あらかじめ洗車をして樹脂部分の砂や汚れを落とし拭き上げをおこなっておきます。
そこから付属のスポンジの黄色の面に液剤を付けます。
皮膚の弱い方はゴム手袋などを装着して施工するのがおすすめです。

樹脂パーツのくすみ取り

樹脂パーツのくすみ取り

樹脂部分に液剤を塗り込みます。
もしボディの塗装面などに液剤が付着した場合は濡れたタオルなどで拭き取ってください。
また炎天下や樹脂部分が熱くなっている走行後のエンジンまわりなどはシミになる可能性があるので避けましょう。

樹脂パーツのくすみ取り

樹脂パーツのくすみ取り

乾いたタオルなどで表面を全体的に拭き取ります。
この商品にはふき取り用のクロスが入っていないので準備しておきましょう。

樹脂パーツのくすみ取り

樹脂パーツのくすみ取り

ひと手間かけるだけで白っぽさが消え艶のある黒色を復活させることができます。
コーティング被膜を形成するためキレイな状態を長期間維持することもできます。

スタッフ塚田さん
チェック!

グリルやエンブレムなどに使われるメッキパーツ。
きれいな時こそ光り輝いて高級感がありますが、
くすんでしまうとその魅力も半減してしまいます。

そんな時は!プロスタッフ
魁磨き塾
メッキクリーナー

メッキパーツ専用のクリーナーならまぶしいほど輝く光沢を復活させることができます。

プロスタッフ 魁磨き塾 メッキクリーナー
洗車スタート
メッキパーツの輝きを復活

メッキパーツの輝きを復活

メッキパーツのくすみは雨水などのミネラル成分が固着した水アカのような汚れのため普通に洗車しただけではなかなかキレイになりません。

メッキパーツの輝きを復活

メッキパーツの輝きを復活

まず付属の磨き用クロスにクリーナーを適量つけます。
エンブレムなどの細かいメッキパーツに使用する場合は、はみ出さないように少量ずつ何度かに分けて付けましょう。

メッキパーツの輝きを復活

メッキパーツの輝きを復活

クロスでメッキ部分を擦っていき、最後に拭き取るだけで作業は終了です。
同じ部分を集中して擦ってしまうとメッキのコーティング層が削れてしまうためご注意ください。

メッキパーツの輝きを復活

メッキパーツの輝きを復活

ひと手間かけるだけでまぶしいほど輝く光沢を復活させることができます。 さらにツヤ出し保護成分配合のため表面をコーティングしてくれます。

スタッフ塚田さん

他の部位別洗車術

他にもジェームスでは
おすすめのカー用品を
取り揃えてます

メッキパーツの輝きを復活

ジェームスガレージセール

毎日がお買得!みんなにお買得!
厳選アイテムをグッドプライスで!

詳しくはこちら
お近くの店舗を探す