もしものとき、クルマが選択肢に!? 車バイバル! SHA-VIVAL もしものとき、クルマが選択肢に!? 車バイバル! SHA-VIVAL

クルマで防災!シャバイバル!

防災・減災教育などが広がり、
様々なメディアから関連情報が得られるようになりました。
その中で、クルマが活躍するシチュエーションも存在します。
事前に準備をしておくことはもちろんですが、
緊急時に冷静な判断をして
実践できるかどうかが意外と難しく、重要です。
クルマを活用することで避難生活時を
日常生活に近づけて過ごすことができるようになります。
いざという時に、クルマが選択肢の1つになる
ヒントをお伝えしていきます。
ぜひ、お試しいただき、備えとしてご活用ください。

再生 再生

クルマの活かし方と注意すること

2つのクルマの活用法 2つのクルマの活用法

  • クルマをシェルター代わりにする クルマをシェルター代わりにする

    災害時にクルマはプライベートを確保する場所として役に立ちます。

  • クルマを活かして生活する クルマを活かして生活する

    クルマに【外部給電機能】があれば、停電時でも電化製品を使うことができます。

クルマを利用するにあたって クルマを利用するにあたって

クルマを利用できるか、捨てるべきかの判断 クルマを利用できるか、捨てるべきかの判断

災害と言っても地震や津波、台風など様々な種類があります。クルマにうかつに乗ってしまうとクルマごと流されたり、外に出られなくなってしまう場合もあります。クルマがあるからといってすぐに安全が約束されるわけではないと知っておきましょう。

シャバイバル実践!
ジェームスおすすめの防災アイテム!

シャバイバル」書籍情報

シャバイバル!
自分で考え、動くための防災BOOK

1,500円+税

著者・監修者 紹介

  • 一般社団法人72時間
    サバイバル教育協会 代表理事
    著者

    片山 誠

  • 自動車生活探検家 /
    AJA副会長
    監修者

    石川 真禧照

仕事やリラックスタイムを過ごす車内を
「快適空間」に変えるおすすめ商品のご紹介!

車を快適空間に!【PICK UP!車バイバル!】