ボディのコーティング

ボディのコーティング

ボディのコーティング

初めてのボディのコーティング…こんな疑問やお悩みはありませんか?

ボディのコーティングは なぜやるの?コーティングするとどう違うの?しなかったらどうなるの?洗車がラクになるって本当?クルマをキレイに維持したい…

初めてのボディのコーティング…
こんな疑問やお悩みはありませんか?

ボディのコーティングは なぜやるの?コーティングするとどう違うの?しなかったらどうなるの?洗車がラクになるって本当?クルマをキレイに維持したい…

ボディのコーティングについて、
ポイントや手順を学びましょう!

コーティングとは

コーティングとは、塗装面上に保護膜形成し、汚れや傷から車を守ることで車をキレイな状態に保つことです!

コーティングのメリット

ボディを保護する

コーティング被膜が塗装面の代わりに汚れ傷つくことでボディへの直接のダメージを軽減してくれます。

汚れから守る、汚れが落ちやすくなる

コーティングをしていると、コーティングの膜でボディに付いた汚れが“するん”と落ちやすくなります。こびり付いた汚れを、ゴシゴシ落とすことも少なくなり、洗車もラクになります。

  • コーティング前 コーティング前

    車の塗装面に直接汚れやキズがついてしまうため、塗装を傷めてしまう。

  • コーティング後 コーティング後

    塗装面に汚れやキズが直接つくことがないため、キレイな状態を維持できる。

ボディにツヤが出る

塗装本来のツヤや光沢を醸し出し、美しさを保ちます

ワンポイント!

車にコーティングをすることで、洗車をしなくてもキレイな状態を維持できると思われがちですが、コーティングはあくまでも塗装面を保護するためのものです。定期的に洗車やメンテナンスを行い、コーティングをいい状態に保つことで、防汚効果を最大限発揮することができます。

コーティングの種類

コーティングは、使われている主成分により「油脂系」と「樹脂系」、「ガラス系」に大別できます。それぞれに特徴があり、使うものにより施工後の仕上がりが変わってきます。

主成分

油脂系

主に石油から作られるオイルと植物性の油で作られており、塗装面に一時的な光沢被膜を与え、油による水弾き効果で撥水性も高いです。ただ、剥がれやすいため耐久性が短いことや、油膜という成分からホコリや水アカが付着しやすい特徴もあります。

樹脂系

石油系樹脂を主成分として、油性膜による光沢と撥水性を与えます。樹脂膜は油脂膜に比べて綿密さが増し、汚れや水の侵入を防ぎます。また、樹脂系の被膜はべたっと張り付き固くなるため、日々の洗車によるダメージも少なく耐久性の向上に繋がります。

ガラス系

ガラス原料であるケイ素を主成分として、塗装面に結合します。ガラス膜は、非常に細かい綿密構造をしていますので劣化が少なく硬質な被膜であるため、長期的に輝きと保護能力を維持します。

この中で現在の主流は、
ガラス系コーティングです。
油脂系や樹脂系と比べ効果や
持続性が優れているためです。

特性(被膜性質)

撥水タイプ※

とにかくクルマをピカピカに輝かせたい!そのためならこまめに洗車する手間も惜しまない方には撥水性のコーティングがオススメです!
水滴が残ることでウォータースポットはできやすいですが、コーティングのツヤや水の弾きにより、見た目でコーティングの施工効果がわかりやすいのも特徴です。

※コーティングを施したボディが水分を水玉にして弾く

イメージ画像 撥水状態 イメージ画像 撥水状態

親水タイプ※

クルマはピカピカにしたいけど、洗車はそれほどしたくないという方や屋外駐車の方には親水性のコーティングがオススメです!
水の流れと一緒に汚れが落ちやすく水滴が残りにくいため、ウォータースポットができにくく長期的に良いコンディションが保てます。ただ、水を弾かないため、見た目でコーティングの効果を確認することが難しいという一面もあります。

※ボディに付着した水分が水玉にならず、サーっと流れていく

イメージ画像 親水状態 イメージ画像 親水状態

種類や特性、ライフスタイルに合わせた
コーティング剤選びが重要です!

コーティングの手順

STEP1 洗車 STEP2 塗布 STEP3 拭き取り STEP1 洗車 STEP2 塗布 STEP3 拭き取り
  • STEP1 洗車

    洗車のイメージ画像 洗車のイメージ画像

    傷防止のため、まずはボディの汚れをしっかり落とします。
    塗装面の状態によっては鉄粉除去や水垢取りなどの下地処理が必要となり、コーティングの仕上がりに差が出ます。

  • STEP2 塗布

    塗布のイメージ画像 塗布のイメージ画像

    洗車後の濡れたボディにシューッとスプレーします。
    使用量の目安は約50cm四方にワンプッシュです。

  • STEP3 拭き取り

    拭き取りのイメージ画像 拭き取りのイメージ画像

    スプレー後、すぐにマイクロファイバークロスで液剤を塗り広げるように拭き上げます。
    拭き取り後は充分に乾燥させてください。

※使用する商品により施工方法が異なりますので、商品記載の取り扱い方法をご確認ください。

ジェームスおすすめ!コーティング剤をご紹介

まずはお手軽に始めてみたい方へ

  • 何度もトリガーを引く必要なし!

    1回引くだけで広範囲に噴射し作業効率アップ

    ソフト99 レインドロップ ソフト99 レインドロップ

    ソフト99
    レインドロップ

    1,480円+税

    主成分
    樹脂系
    施工方法
    スプレー
    耐久性
    約3ヶ月
    被膜性質
    撥水
    付属品
    内容量
    300ml
  • ただの撥水じゃない!

    流撥水だから水滴がボディを流れ落ちる

    KURE ルックス レインコート KURE ルックス レインコート

    KURE
    ルックス レインコート

    2,600円+税

    主成分
    ガラス系
    施工方法
    スプレー
    耐久性
    最長6ヶ月耐久
    被膜性質
    流撥水
    付属品
    マイクロファイバークロス
    内容量
    240ml
  • スプレーするだけのかんたん施工!

    使うたびにツヤが増し、汚れに強いボディに

    シュアラスター ゼロウォーター シュアラスター ゼロウォーター

    シュアラスター
    ゼロウォーター

    2,743円+税

    主成分
    ガラス系
    施工方法
    スプレー
    耐久性
    約2ヶ月
    被膜性質
    親水
    付属品
    マイクロファイバークロス
    内容量
    320ml

もっとこだわりたい方へ

  • 余裕のツヤ1年以上実現!

    強く硬い膜が汚れや紫外線からボディを守る!

    ウイルソン ツヤエキスパート ウイルソン ツヤエキスパート

    ウイルソン
    ツヤエキスパート

    2,458円+税

    主成分
    ガラス系
    施工方法
    塗り込み
    耐久性
    1年以上
    被膜性質
    撥水
    付属品
    保護手袋、拭き上げ用クロス、仕上げ用クロス
    内容量
    1液…85ml、2液…4.5ml
  • 洗車機ユーザーも安心!

    連続20回以上通しても水玉コロコロ持続の耐久性

    クリンビュー イオンコートレジェンド クリンビュー イオンコートレジェンド

    クリンビュー
    イオンコートレジェンド

    2,480円+税

    主成分
    樹脂系
    施工方法
    塗り込み
    耐久性
    約13ヶ月
    被膜性質
    撥水
    付属品
    スポンジ×2
    内容量
    260ml

※使用する商品により、使用上の注意が異なりますので、商品記載の取り扱い方法をご確認ください。

見て学べる!『洗車の教科書』

- 順次公開予定 -

  • [基本を学ぶ]洗車の手順やポイント、揃えておきたい洗車道具をご紹介

- 順次公開予定 -