車種検討から納車までやるべきことと注意点 

「新車を買いたい!」と思っても、車の購入が初めてだったり、久しぶりだったりすると、何から手をつけていいか分からなかったりしますよね。そんな方に向けて、自分にぴったりの新車を見つけ、購入するためにやるべきことをお伝えします。人生における大きな買い物である車選びに、失敗や後悔がないよう、ポイントごとに注意点も付けました。購入までの一連の流れをおさえて、新しい愛車との生活を楽しみましょう。

その1 新車について調べる

①新車の種類を知る

ひとえに車といっても、形や用途など色々な種類があります。まずは全体像を把握しましょう。

【形状の種類】
・軽自動車…最もボディが小さいクラス。税金も優遇され、維持費が安いのがメリット。
・コンパクトカー…5ナンバーの中で最もボディが小さいクラス。運転もしやすく、価格は割安。
・ミニバン…多人数の乗車と荷物を乗せられるスペースがあるのが特徴。家族層に人気。
・SUV… もともとは悪路を走るための性能を持つ車。外観デザインが個性的なものも。
・ワゴン/ミドルサイズハッチバック…背が低いため外観がスマート。走行安定と乗り心地のバランスも良好。
・セダン…4ドアにトランクルームを備えた、ベーシックなタイプの車。ビジネスシーンにもぴったり。
・スポーツクーペ…機敏なハンドリングとデザイン性の高い外観が特徴。ドライブ好きにおすすめ。

【動力の種類】
・ガソリン車…ガソリンによって動く。機能的にはシンプルだが、最近は燃費性能が向上。
・ディーゼル車…軽油を燃焼させるエンジンで動く。排気量の割には出力が小さいが、燃費性能が良好。
・電気自動車…電気によって動き、走行中にCO2を排出しない。充電の必要があるが、環境への配慮や経済性に優れる。

②使用目的と予算に合った車種を選ぶ

数多くの新車から、購入すべき1台を選ぶには、使用目的と予算を明確にすることが必要です。使用目的については、

・乗車人数
・1年間の走行予定距離
・市街地で走るのか、長距離移動が多いのか
・収納設備は大切にするか
・見た目は重要か

などのことをメモにしながら、使用シーンのイメージをふくらませていくといいでしょう。たとえば、お母さんのセカンドカーとしての利用では、維持費も安く小回りも利く軽自動車。家族利用で、時にはおじいちゃん、おばあちゃんと一緒にお出かけもと言う方にはミニバン。スタイリッシュな格好良さを求めるならSUVなど、具体的な想定を考えると選びやすいです。

それから、自分が車購入に使える予算を明らかにします。後述する「エコカー減税」の導入もあり、購入時の税額はさまざまですが、おおまかにいって車両価格の15%が諸費用になるとも言われているので、それも含めて予算を考えます。

使用目的と予算が分かったら、購入する候補車種を決めます。お目当ての車種について、インターネットなどの口コミを参考に知識を深めるのもいいでしょう。

注意ポイント!:
新車購入のためには、必要なものや書類があります。時間がかかる場合もあるので、購入までに余裕を持って用意しましょう。

・免許証などの本人確認書類…ローンなどを利用する際に、審査に利用
・実印と印鑑証明書…シャチハタは使えません
・認印と住民票…軽自動車の場合や、車所有者の名義が本人以外の場合に必要
・車庫証明書…保管場所(車庫)の住所を管轄する警察署に申請を行う
車庫証明書の必要性が示すように、新車を購入する際は駐車場の確保も進めなければなりません。

その2 新車を選ぶ

①新車を販売する店舗の種類

購入候補車種が決まったら、店舗へ行きましょう。新車を購入できる場所は次の通りです。



  • ・ディーラー
  • …特定のメーカーの車だけを販売する、特定契約を結んだ店舗
  • ・販売店
  • …特約店契約を結んでおらず、上述のディーラーからクルマを仕入れる店舗

最近では、インターネットでも新車を買える動きもあります。

②販売店に行って、見積書を取る

希望車種を購入するための商談を開始するための第一歩が見積書。車の購入に必要な費用を表にまとめたもので、車両価格に加えて、付属品(オプション)の価格、さらに購入時に徴収される税金、自賠責保険料、購入店が受けとる各種の代行手数料も計上されます。ローンを組んで車を購入する場合には、頭金や月々の返済額なども記載されます。商談をするときには、見積書をたたき台にして、そこから細かな交渉を行うことになります。

注意ポイント!:
新車を買うときには試乗をしたり、駐車場に入るかどうかサイズをあらためて確認するのが重要。また、車種の登場年月も大事なチェックポイントです。車は常に進歩する商品なので、同じメーカーの車種同士で比べた場合、新しい車種の方が燃費や安全装備が向上している場合も。一方、発売されたばかりの人気車種は、契約してから納品まで数ヶ月以上かかることも。いずれにしても、最初にまとめた使用目的と予算に合った、自分の好きな車選びにしたいものです。

その3 新車を買う

①新車購入に必要な手続き

車選びが決定したら、店舗が用意する委任状に署名と押印をします。委任状とは、車の登録や名義変更の申請を店舗に委任するもので、先方が用意してくれます。
すでに持っている車を店舗に下取りしてもらう場合には、譲渡証明書に署名と押印します。これも先方が用意してくれますが、下取りをする車の車検証、自賠責保険証、リサイクル券の預託証明書、自動車税の納税証明書は自分で用意しましょう。

②購入後にかかるお金

車はほかの商品と違って、購入した後にもさまざまな維持費がかかります。特に税金と自賠責/任意保険料は、走行距離にかかわらず、車を所有しているだけで発生します。

・税金
-自動車重量税…車両の重さによって税額が変わり、自動車の新規登録と車検の際に車検証の有効期間分をまとめて支払う。
-自動車税(軽自動車税)…購入した後も毎年、納税通知にしたがって税金を納める。

ちなみに、新車購入時に装備したカーアクセサリー、「カーナビゲーション」、「カーオーディオ」、「ドライブレコーダー」などの付加物※は、車両価格と合算され取得価額とし、自動車税の一部となります。カー用品店等ででカーアクセサリーをすべてを揃えると、自動車税の対象は車両本体価格のみとなってお得です。
※取り外しが容易なカー用品(シートカバーやフロアマット、標準工具など)は付加物とみなされません。

・保険料
-自賠責保険料…車を運行するうえで、必ず加入しなければいけない保険。違反者には処分が下される。
-任意保険料…自賠責保険料だけでは不足する場合があり、今では任意保険料に入るのが一般。車両保険、対物賠償保険、対人賠償保険、人身損害保険といった種類があります。すでに加入している任意保険をそのまま引き継ぐ場合は、車両が変更となることを損保会社に連絡しなければいけません。

その他にも、流動的な費用として、ガソリン代、高速道路通行料金、駐車料金、車検やオイルなどの交換代などがあります。

③支払い方法について

新車を購入する際の支払い方法は、現金払いの他に次のような方法があります。

・従来型ローン…車両価格の全額を一括して振り込まず、数年で分割して返済するもの。
・残価設定ローン…数年後の残存価値を設定し、その残りを分割して返済するもの。
・銀行やJAのマイカーローン…住宅ローンなどと同様の扱いで、銀行やJAにお金を借りて、返済を行うもの。

銀行のマイカーローンを利用するためには、別途、所得証明書などの書類が必要となります。

④エコカー減税

新車を買う上で見逃せないのがエコカー減税です。エコカー減税は、国土交通省が定める排出ガスと燃費の基準値をクリアした車を対象にした税金の優遇制度。対象となる新車を購入した場合の自動車税と自動車重量税が減税されます。

⑤下取り

下取りとは、それまで乗っていた車を購入店舗が引き取り、その価格分を購入価格へ充てる方法。新車の支払総額が安くなったり、オプション追加無料などを対価として受けることができます。

注意ポイント!:
自動車税が未納の状態では、車は下取りに出すことができません。未納の場合は納税が必要になります。

その4 納車

無事契約が完了し、新車を購入したら、あとは納車を待つのみ。新車を自宅まで運んでもらう場合は納車費用がかかりますが、自分で取りにいけば無料になります。

納車されたら、次のようなポイントをチェックしましょう。
・書類を確認する…車検証、自賠責保険証、注文書の3種類を確認し、記載事項に誤りがないかを調べる。
・オプションなどの装備を確認する…新車そのものはもちろん、付属品もすべて装備され、しかも確実に作動することを確認する。
・ボディ回りを確認する…小さな傷やへこみがないか確認する。

注意ポイント!:
新車だからといって完全な状態で納品されるとは限りません。最初に時間をかけて不備がないかチェックすることで、後のトラブル回避につながります。何か不具合が生じた際は、納車されてすぐに購入店舗に伝えましょう。

まとめ 新車を買ったその後に…

新車を買うとなると、買う前後で必要なことが色々出てきます。でも1つずつステップを踏んでいけば、自分にぴったりの新車を購入できるはず!また、納車されてからいよいよ始まるカーライフを充実させるアイテムにも注目です。

【カーライフを充実させるアイテム】

車にはさまざまな装備が採用されています。装備は機能や装着される部分に応じて3種類に分かれます。

・外装…電動スライドドアからアルミホイールまで多彩に用意
・内装…カーナビや快適なシートなどが豊富に揃う
・安全…緊急自動ブレーキを作動できる装備が人気

自分の理想のカーライフに最適な装備を考えて、過不足のないアイテムを選びましょう。また、安全のための装備はなるべく充実させたいものです。

カーライフを充実させるためには、メーカーやディーラーで装備するオプション品以外にも、カー用品店で購入できる魅力的なカーアイテムも活躍。「外装」(アルミホイールやエアロパーツなど)・「内装」(カーナビやシートカバー、カップホルダーやゴミ箱、収納などの小物まで)・「安全」(ドライブレコーダーやバックカメラなど)、多種多様に揃えることできます。これらのカーアイテムをうまく組み合わせることで、自分らしい車作りが可能に。新車購入時のグレード以上にリッチにカッコよく、かわいく見せることもできるかもしれません。


新車を買うとなると、買う前後で必要なことが色々出てきます。でも1つずつステップを踏んでいけば、自分にぴったりの新車を購入できるはず!また、納車されてからいよいよ始まるカーライフを充実させるアイテムにも注目です。

ジェームスでは「納車得割」を実施中。2019年1月1日~2019年3月31日の期間は、納車後3ヶ月以内の新車・中古車ご購入の方限定で、カーアクセサリーを店頭価格から、さらに8%OFFで購入することができます。対象商品は、ドライブレコーダー、バックカメラ、カーナビゲーション、ETC車載器、車種専用シートカバーなど、外装・内装・安全面を充実させるアイテムが盛りだくさん。豊富なラインナップの中から、見て触って納得して購入できるのはもちろん、プロのスタッフがお客様に最適な商品をご提案することもできます。気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

納車特割バナー 納車特割バナー
お近くの店舗を探す