手順とポイントをご紹介!

洗車のやり方

きほん基本の『き』!

〈シャンプー洗車〉

初めての洗車、どうしたらよい?
初心者でもできる、シャンプー洗車のやり方を解説します。
揃えておきたい洗車道具から洗車のやり方まで
これをみればバッチリ!
洗車機を使わない、自宅や洗車場での
シャンプー洗車のやり方 基礎編です。

これだけは揃えたい! 基本の洗車道具

[ 必要な洗車道具 ]

  • ホース(水)

    選ぶポイント

    蛇口から使いたい場所までの距離を考えてホースの長さは余裕のあるものを選びましょう。

  • シャンプー

    選ぶポイント

    初めてならワックス成分や研磨剤が入っていない、車の塗装面にやさしい中性シャンプーがおすすめ。

  • 洗車スポンジ(2個)

    選ぶポイント

    傷防止のため、洗車スポンジはボディ用とタイヤホイール用で2つ用意しましょう。

  • バケツ

    選ぶポイント

    洗車後に洗車道具の収納ができるよう容量の大きいものを選ぶと便利。

  • 拭き上げ用タオル(2枚)

    選ぶポイント

    スポンジ同様、傷防止のためボディ用とタイヤホイール用と2枚用意しましょう。

[ あると便利な洗車道具 ]

  • 脚立

    背の高い車は屋根を洗うときに脚立があると便利。

洗車の手順とポイント

STEP
1

洗車のやり方
流 す

作業時間目安 約10分

ココがポイント!

シャンプーをする前に
ボディ表面の
砂・泥などを水の勢いでしっかり落とす!

水で流さずにシャンプーをすると、砂や泥でボディの塗装面をひっかくことになり、ボディに傷がつくことも!
バケツではなくホースを使うことで、一定時間、均一に水をかけることができ、ボディの汚れを流せます。

[ 使う洗車道具 ]

  • ホース(水)

手順

  1. 車の屋根から、窓ガラス、ボンネット、ドアと上から下へ水をかけ、ホコリや砂を洗い流します。

    車の屋根から、窓ガラス、ボンネット、ドアと上から下へ水をかけ、ホコリや砂を洗い流します。

STEP
2

洗車のやり方
洗 う

作業時間目安 約50分
シャンプーの準備

ココがポイント!

シャンプーの泡立て
バケツにシャンプーの液を
先に
入れてから
水圧で泡立てる!

ボディとスポンジの間のクッションの役割をする泡はきめ細かさが大切!
クリーミーな泡をつくるために勢いよく水を注ぎましょう!

[ 使う洗車道具 ]

  • ホース(水)
  • シャンプー
  • バケツ

手順

  1. シャンプーの液をバケツに入れます。
    ※シャンプーの量と水の配分は商品説明書を参照

  2. 強めの水圧でバケツに勢いよく水を入れ、円を描くように動かし泡立てます。

    強めの水圧でバケツに勢いよく水を入れ、円を描くように動かし泡立てます。

動画で見てみよう

シャンプーの泡立て方を36秒動画でもご紹介!

〈コーティングしている車の場合〉

使用するシャンプーに注意が必要です。ボディに優しい「研磨剤が入っていない中性タイプ」でも使えますが、「コーティング施工車用シャンプー」もおすすめ。コーティング被膜を傷めずボディのメンテナンスに最適!

※研磨剤(コンパウンド)入りのシャンプーは使用しないでください。コーティング被膜を傷める可能性があります。
※コーティングのお手入れ方法の指示に従い使用してください。

洗車してみよう!

ココがポイント!

ボディとタイヤホイールで
洗車スポンジを使い分けましょう!

タイヤホイールには泥や鉄粉汚れが付着しています。その汚れが付いた洗車スポンジでボディを洗うと傷の原因になります。
また、たっぷりの泡で洗うことも傷をつけないポイントです。

ボディ

[ 使う洗車道具 ]

  • ホース(水)
  • シャンプー
  • ボディ用洗車スポンジ

手順

  1. たっぷりの泡をスポンジにつけて、ボディにのせます。一方向にスポンジを動かすことが、ムラなくきれいに洗うコツ。

    たっぷりの泡をスポンジにつけて、ボディにのせます。一方向にスポンジを動かすことが、ムラなくきれいに洗うコツ。
  2. スポンジにシャンプーをつけ直すときは、一度スポンジを絞り、水ですすいで砂やホコリを落としましょう。

  3. 洗い終わったら上から下へまんべんなく水をかけ、シャンプーを流します。ドアのふちや足元などはシャンプーが残りやすいので特に念入りに。

    ※すすぎ残しがあると、シャンプーの成分がシミになったり、汚れも一緒にこびりついてしまうので注意。

タイヤホイール

[ 使う洗車道具 ]

  • ホース(水)
  • シャンプー
  • タイヤホイール用洗車スポンジ

手順

  1. 砂や泥汚れなど大きな汚れを水の勢いで落とします。

  2. タイヤホイール用の洗車スポンジにシャンプーの泡をたっぷりつけ、泡で洗うように汚れを落とします。硬いブラシなどは傷の原因になるので避けましょう。

    タイヤホイール用の洗車スポンジにシャンプーの泡をたっぷりつけ、泡で洗うように汚れを落とします。硬いブラシなどは傷の原因になるので避けましょう。
  3. しっかりと水で洗い流します。シャンプーが残っているとシミやムラの原因になるので念入りに流しましょう。

タイヤホイールの汚れがひどい場合は

タイヤホイールを先に洗っておくことで、洗い立てのキレイなボディに汚れがはねて台無しに… なんてことを防げます。

STEP
3

洗車のやり方
拭 く

作業時間目安 約30分

ココがポイント!

ボディ用とタイヤホイール用で
タオルを2枚用意!

スポンジと同様、タイヤホイールは鉄粉汚れが付着しているため、同じタオルでボディを拭くと傷がつくことがあります。
必ず2枚で使い分けましょう。
また、拭き上げ前に水滴が乾くと跡になることがあるので、スピードも大切。

[ 使う洗車道具 ]

  • 拭き上げ用タオル(2枚)拭き上げ用タオル(2枚)

手順

  1. なるべく素早く拭き上げます。ボディ用のタオルで一方向にすべらせるように拭くと、傷がつきにくいだけでなく、効率的に拭き取りができます。

    なるべく素早く拭き上げます。ボディ用のタオルで一方向にすべらせるように拭くと、傷がつきにくいだけでなく、効率的に拭き取りができます。
  2. タオルが汚れたら、こまめに洗って使うようにしましょう。

  3. タイヤホイールはボディ用と違うもう1枚のタオルで優しく拭き上げます。

    タイヤホイールはボディ用と違うもう1枚のタオルで優しく拭き上げます。
これで車はピカピカに!

せっかく車がきれいになったのだから、
できるだけきれいな状態をキープしたいところです。
ここからは、初めての洗車でよくある
疑問、質問にお答えします!

洗車のギモンをこれで解決!洗車のよくある質問
洗車前にボディ全体に水をかけるのはなぜ?
ホコリやチリの除去と、ボディにつけたシャンプーの乾燥を防止するためです。特に暑い日は、ボディを洗っている間にシャンプーが乾いてシミになりやすいので、ボディの表面温度を下げるためにもボディ全体に水をかけることが大切になります。
洗車にベストな天気・時間帯はあるの?
曇りの日、涼しい朝方か夕方がおすすめ。天気が良い日中はシャンプーが乾きやすく、シミやムラの原因につながります。特に暑い日はパートごとにシャンプーとすすぎを繰り返して部分洗いするのがコツ。また風が強い日は、ホコリやチリがボディに付着しやすいため、避けるようにしましょう。
どれくらいの頻度で洗車するのがいいの?
車の保管環境によっても変わりますが、基本的な目安は1カ月に1度。ただし、ボディに汚れや鳥のフンなどをつけたまま放置すると塗装が傷み、サビやシミの原因になるため、汚れたらできるだけ早めに洗いましょう。
ボディカラーによって気を付けることはあるの?

はい、あります。

黒・濃色系の場合

黒・濃色系の場合

他のボディカラーよりもキズや汚れ

目立ちやすい

白・淡色系の場合

白・淡色系の場合

他のボディカラーよりも
傷が目立ち
にくいが
汚れが目立ちやすい

ボディカラーの違いによって、このような特徴があります。汚れを落とす際にきれいにしようとついついゴシゴシこすりがちになるので注意しましょう。
中性シャンプーで汚れが落ちないときはボディカラーに合わせて成分が調整してある専用のシャンプーを使うのもおすすめです。

コーティングした車の場合、
気をつけることはあるの?
汚れを放置しないことがコーディングした車を長く美しく乗るコツです。
汚れたままにしておくとコーティングや塗装面を傷める可能性もあります。
また、コーティングを長持ちさせるためにも、コーティングした車専用の洗車道具を使いましょう。

※コーティングのお手入れ方法の指示に従い使用してください。

商品や使い方について分からないことはプロのスタッフが丁寧にご案内します!

店舗スタッフまでお気軽にお声掛けください!