ENGINE OIL

エンジンオイル

エンジンは燃料を爆発させ、
ものすごいスピードで動き続けています。
その内部ではエンジンオイルが人間の血液のように
すみずみまで行き渡り、その動きを助けています。
エンジンがスムーズに効率よく動くことができるのは
エンジンオイルのおかげと言っても過言ではありません。

しかし長期間使用するとオイルの劣化や減少などによって
その役割をしっかりと果たすことができなくなってしまいます。

エンジンオイルの
交換について(時期、色など)

新品 / 約5,000キロ走行

ジェームスでは、6ヶ月 または 5,000キロ走行 での交換をおすすめしています。
また、ジェームスの取り扱いオイルは純正同等の高性能オイルになります。

▼交換しないと(汚れていると)・減っているとどうなるか
燃料の燃えカスやエンジン内部の金属片によってオイルは汚れたり空気に触れることで酸化していきます。その結果、燃費や走行性の悪化につながり、エンジンの音も大きくなることも。
交換をせずに症状が回復することはなく、そのままさらに長期間交換をしないと最終的にはエンジンが動かなくなる可能性もあります。

正常な状態のエンジンでも若干量の減少はエンジン内での燃焼や蒸発によっても起こる可能性はあります。
もし適正な交換時期内で極端にオイルが減るようであればエンジン内部の部品の劣化によって「エンジンオイルが外に漏れている」、「エンジンオイルが内部で漏れ、ガソリンを燃やす燃焼室に入り燃えてしまっている(オイル上がり、オイル下がり)」などが考えられます。
エンジンオイルは本来それらの部品を保護する役割も担っており交換を怠ると部品の寿命を早める可能性もあります。

▼入れすぎているとどうなるか
オイル交換時や補充時に規定量をオーバーして入れ過ぎてしまっている可能性があります。
それによってガソリンを燃やす燃焼室にオイルが侵入しオイルを燃やすことによってマフラーから白煙が出たり、エンジン内部の抵抗が大きくなり燃費の悪化を招く可能性もあります。

▼多い場合の対応
オイル量が規定をオーバーしている場合はその分を抜き取る作業をすることで正常な状態に戻すことができます。
受付でご相談ください。

そのため
ジェームスでは、
まず点検をオススメしてます。

スタッフ

エンジンオイル点検いつでも無料!!

ジェームスではエンジンオイルの汚れや量は無料で点検できるので前回の交換時期がわからなくなってしまった場合や汚れや量が気になる場合はお気軽にご相談ください。

  • エンジンオイルが
    汚れているときは?
    《エンジンオイル交換》
  • エンジンオイルが
    減っているときは?
    《エンジンオイル補充》

エンジンオイル交換

ジェームスのエンジンオイル交換作業はオイルの抜き方が2種類ありお選びいただくことができます。
ご希望の作業方法のあるお客様は受付時にご相談ください。(それにより作業に入る順番が前後する場合がございます)

  • 上抜き作業(専用機械で吸い取る)
  • 下抜き作業(専用の排出穴から自然に抜く)

ジェームスのエンジンオイル交換作業はオイルの抜き方が2種類ありお選びいただくことができます。
ご希望の作業方法のあるお客様は受付時にご相談ください。(それにより作業に入る順番が前後する場合がございます)

  • 上抜き作業(専用機械で吸い取る)
  • 下抜き作業(専用の排出穴から自然に抜く)

最適な作業(使用していたオイルをしっかり抜くことができる抜き方)は車によっても異なるためお任せいただくこともできます。
抜いたオイルについては無料で処分いたしますのでご安心ください。

また、ご交換いただいたお客様に次回の交換時期をいつでも確認できるようドア横にマグネットで次回の交換時期を貼り付けしています。

作業風景動画



▼警告灯がついた場合の対応
メーター内に右のような警告灯(油圧警告灯)が点灯してしまった場合は漏れや何らかの原因でエンジンオイルの量が減り、油圧が下がっている可能性が高いです。
エンジンオイルを循環させるポンプの不調などの可能性もありますがどちらの場合でも速やかに車を安全な場所に停車させましょう。
車によっては警告灯に深刻度の異なる橙色(注意)と赤色(危険)の2種類ある場合があります。

エンジンオイル補充

エンジンオイルの量が少ないものの交換時期ではない場合(汚れや劣化が少ない場合)はオイルを追加で補充することもできます。
但し補充することによってエンジンオイルの寿命が延びるわけではないので適正な時期に交換することがおすすめです。
尚、異なる種類のオイルを補充してしまうとエンジンオイルの性能をしっかりと発揮できなくなる可能性もあるのでご注意ください。


▼警告灯がついた場合の対応
メーター内に右のような警告灯(油圧警告灯)が点灯してしまった場合は漏れや何らかの原因でエンジンオイルの量が減り、油圧が下がっている可能性が高いです。
エンジンオイルを循環させるポンプの不調などの可能性もありますがどちらの場合でも速やかに車を安全な場所に停車させましょう。
車によっては警告灯に深刻度の異なる橙色(注意)と赤色(危険)の2種類ある場合があります。

エンジンオイルでお困りの際は、
ぜひジェームスへおこしください。
プロのスタッフが
お待ちしております!

スタッフ