ブレーキフルード交換

ブレーキフルードはペダルの力をブレーキに伝える大切な役割をしています。

施工の目安

2年毎

作業時間

30分〜

価格 部品代+作業工賃 全車 お近くの店舗料金を調べる

ブレーキフルードの役割

ブレーキフルードはブレーキペダルを踏んだ力を伝達する大切な役割をしています。
ブレーキペダルを踏んだ圧力はブレーキフルードを介してブレーキキャリパー内のブレーキパッドをブレーキディスクローターに押しつけ、摩擦力によって減速しています。

ブレーキの構造(イメージ)

ブレーキフルードの特徴、交換の必要性

使用前
使用後

ブレーキフルードは非常に吸湿性が高く、長く使用すると空気中の水分などを吸収してしまいます。その状態のまま長い下り坂などでブレーキを多用するとフルードが沸騰し気泡が発生しやすくなります。
その気泡によってペダルの圧力が正常に伝わらずにブレーキの効きが悪くなってしまいます。

ブレーキフルードの種類

ブレーキフルードには沸騰する温度(沸点)が異なる「DOT3」「DOT4」「DOT5.1」(サーキットコースを考慮した高性能規格)の3種類があり、ピットメニューでは「DOT3」「DOT4」に対応しています。
尚、ハイブリット車にも対応しています。

DOT3 DOT4
新品
(ドライ沸点)
251℃以上 260℃以上
使用して水分を
吸収した状態
(ウェット沸点)
150℃以上 165℃以上
ピットメニューで使用するフルードの沸点

《ブレーキフルード交換のご利用にあたって》

※ ピットメニューの価格は、全国の店舗によって異なります。詳しくは、お近くの店舗情報をご覧ください。

※ 一部の車種については対応できない場合がございます。

※ 作業時間は、車種により異なります。

ご一緒にいかがでしょうか

ブレーキフルードの伝達先で、車を制動させるブレーキパッドも定期的な交換が必要です

ブレーキパッド交換

詳細はコチラ

ブレーキパッドと一緒に車を制動させるブレーキディスクローターも定期的に交換が必要です

ブレーキディスクローター交換

詳細はコチラ