TIRE

タイヤ

タイヤは「進む」「曲がる」「止まる」などの
車両の動きを作り出すのはもちろん、車両を支える、
路面からの衝撃を和らげるなど多彩な役割を果たしています。
そのため車が安全に走行するためには
タイヤが正常な状態であることは欠かせません。
そのタイヤを正常に保つためには
定期的なメンテナンスや交換が必ず必要です。

交換の必要性

ゴムでできているタイヤは路面との摩擦によってすり減ったり、長期間の使用によってゴム自体が劣化するため交換が必要になります。
すり減ったタイヤは「進む」「曲がる」「止まる」などの基本的な役割を果たす能力が低下するため、特に雨の日などで路面が滑りやすい状況では大変危険です。
また、ゴム自体が劣化している場合は一般的なゴム製品と同様ひび割れ等が発生し重症化するとそこから空気が漏れたり破裂する可能性もあります。

タイヤの交換時期、寿命

使用前
使用後

タイヤがすり減ってしまったかどうかはタイヤの路面との接地面に刻まれている溝の深さで判断します。
使用限度は残り溝深さが1.6mm以上と法律で決められておりタイヤのスリップサインが出ているかどうかで確認することができます。
残り溝3.2mmから一般的にタイヤの性能は大きく低下する傾向にあるためジェームスでは交換をおすすめしています。

経年劣化については目視での確認が一般的なため、判断が難しい場合は店舗スタッフまでご相談ください。
尚、目安として製造から5年が経過したタイヤは継続使用の可否について一度点検を、10年が経過したタイヤについては交換をおすすめします。
車両メーカーがその車の特性からタイヤの点検や交換時期をオーナーズマニュアル等に記載している場合もありますので、併せてご確認ください。

メンテナンスの必要性

タイヤは車の消耗部品の中でも数年間使用する場合がほとんどで長く正常に使用するためには定期的なメンテナンスが必要です。

空気圧調整

タイヤは、適正な空気圧が入っていることではじめて充分な性能を発揮します。
空気圧に過不足があると、車とタイヤの性能を発揮できないばかりか、タイヤが損傷したり、事故につながる恐れがあります。
空気圧は徐々(自然に)低下します。1ヶ月に1度は空気圧の点検を行って適正な空気圧を維持してください。
また、極端に低下している場合はパンクなどの可能性もあることがわかるためトラブルが起こる前の早期発見に繋がることもあります。

指定空気圧について

多くの車では、運転席ドア開口部に車両指定空気圧を表示したラベルが貼付されています。
適正な空気圧をチェックする場合は、このラベルでご確認ください。

タイヤローテーション

タイヤは4本とも均等にすり減っていくわけではなく車の特性や走り方によってばらつきが出ます。
そのためそのばらつきを減らしタイヤを長く使用するためにも装着位置を入れ替えるローテーション作業が必要です。
入れ替え方は車やタイヤの種類・状態によっても異なりますので店舗スタッフにご相談ください。

そのため交換や
メンテナンスが必要かどうか
まずは点検を行うようにしましょう!

スタッフ

タイヤ点検いつでも無料!!

ジェームスでは以下の3つの観点からお客様のタイヤの状態を点検いたします。

  1. 空気圧

専用の機械を使用して測定し、お車の適正値にて調整を行います。ゴム製品であるチューブレスバルブも同時に確認します。

この点検をする理由

燃費の悪化、走行性能の低下、偏摩耗を防ぐ

  1. 残溝・偏摩耗

スリップサインでの目視だけでなく、専用のツールを用いて正確に測ります。また、タイヤの偏摩耗の有無も同時に確認します。

この点検をする理由

濡れた路面でのハンドルやブレーキの効きを維持、タイヤを長持ちさせる

  1. キズ・ひび割れ

知らないうちに縁石と接触したり釘などを踏んでしまいタイヤが損傷していないか、紫外線や熱の影響によってゴムが劣化しひび割れが発生していないかを目視で確認します。

この点検をする理由

パンクなどのトラブルを防ぐ

交換が必要な場合は?

タイヤ交換

作業時間

40分〜

タイヤ交換作業では、タイヤとホイールの組み付け後、バランス調整をして取り付けしております。取り付け時には、規定の強さでのナット・ボルトの締め付け、さらに作業者と別のスタッフが確認作業を行います。

Point!

タイヤと同様にゴム素材でできているチューブレスバルブも、タイヤ交換時に一緒に交換することをオススメしております。

ジェームスがオススメする
厳選タイヤをご紹介!

もしも、タイヤトラブルが起こった時は?

タイヤがパンクしている(空気が抜けている、何かが刺さっている)のを発見した場合は車は動かさずにスペアタイヤへの交換、もしくはパンク修理剤を使用してください。
あまり空気が抜けていないからといって走行を続けるのは大変危険です。
また、修理可能なタイヤでも不可能になったりホイールなどの他の部品の損傷を招く場合もあります。

万が一、走行中に突然タイヤが破裂した場合はまずは安全に路肩へ車を停車させることに集中してください。
その後、ロードサービスへの連絡やスペアタイヤへの交換を行ってください。その際、くれぐれも走行中の車にご注意ください。

パンクなどにお困りの方は