ジェームス
夜のドライブ対策

夜のドライブに不安を感じたことはありませんか?
17-19時は1日の中で交通事故が一番多い時間です。
本記事では夜間の運転のポイントや
夜の運転対策をご紹介します。

1日の中で夕暮れ時の事故が多い

警視庁の時間帯別死亡事故発生件数によると、1日の中で17~19時台に最も多くの事故が発生。薄暮時間帯(17-19時)では、特に10月~12月にかけて大幅に増加しており、夜間の運転のポイントを意識し、より安全運転を心がける季節と言えます。

・「薄暮時間帯」とは、日の入り時刻の前後1時間をいう(日の入り時刻は、各日の各都道府県庁所在地の国立天文台点も情報センター暦計算室の計算による日の入り時刻による) 出典:「薄暮時間帯における死亡事故に係る分析」(警察庁) https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/anzen/img/hakubo/hakubo_001.pdfを加工し作成

夜間の運転のポイント

・早めの点灯

人の目が暗さの変化に慣れず、歩行者や自転車等の発見が遅れ事故が発生しやすくなるので、早めにライトを点灯して視界の確保をしつつ自分の車の存在を知らせましょう。

・ハイビームとロービームを使い分ける

ライトをハイビームにすることで遠くの歩行者を早めに発見しやすくなります。暗い道を走行する時は速度を落としハイビームを活用して夜間の歩行者事故を防ぎましょう。

これで安心! 夜のドライブ対策

価格は店舗により異なります

お近くの店舗の料金を確認する

秋といえば読書や映画鑑賞! ですが、お家時間を楽しむだけでなく秋の夜空やきれいな月を見上げに、みんなで楽しく、一人でゆっくりとドライブもいいものです。夜間の運転のポイントや夜の運転対策をしっかりして秋の夜長を楽しみましょう♪

充実のドライブをサポートします!

お近くの店舗を探す
オイル交換など目的が決まっている方はこちら
店舗を探して作業予約をする

オイル交換などのカーメンテナンスもお任せください。カー用品店のジェームス公式Webサイト